三重県四日市市の老人介護施設・障がい者支援施設 社会福祉法人永甲会の採用情報サイト

社会福祉法人永甲会採用サイト 採用情報お問い合わせ
▼お問い合わせ ▼個人情報の保護方針

HOME 求める人材 事業内容 採用情報 施設長メッセージ スタッフ紹介


特別養護老人ホーム うねめの里

特別養護老人ホーム『うねめの里』は、家庭的な雰囲気で自然な暮らしを送っていただくことを目指しています。「私も入りたい、家族も入れたい」の理念の実現とサービス向上を図っています。入居者を「里人さん」と呼び、里人さんが、どうしたいか、どう暮らしたいかを尊重し、ケアをその生活支援と位置づけ、その人の暮らしに、笑顔と輝きが放たれることに取り組んでいます。


スタッフの一日
特別養護老人ホーム うねめの里  高橋 佳予子

7:00頃~
7:30~
9:00~
9:30~
10:00頃~随時
12:15~
13:30~
15:00頃~
16:00頃~
18:00頃~
19:00頃~
21:50~翌7:50
起床
朝食
掃除・洗濯など
ティータイム・団欒
トイレ・排泄
昼食
お風呂
おやつ
団欒
夕食
就寝
夜勤
起きられる方の援助
配膳・食事援助
ベランダで洗濯干し
里人さんとゆっくりお茶します
排泄援助
配膳・食事援助
入浴介助
里人さんと一緒におやつ
里人さんと交流
配膳・食事援助
寝られる方の就寝援助
見守り・排泄援助など

やりがい:施設での仕事というものを、入社以前までは介護が全てだと思っていました。ですが、うねめの里では「ユニットケア」を逸早く取り入れており、全てが里人さん(利用者様)中心であるという事を学びました。以前の暮らしを少しでも継続出来る様に、お手伝いさせて頂くのが私たちの仕事です。「危険だから」と言って、「出来ることをさせない!」のではなく、「自分で出来る」という喜びを少しでも感じて頂けるように、どのようにしたらよいだろうかという事を常に考えています。「手の届く範囲にポットやトースターなどを配置するだけで里人さんの出来る事が一つ増えた!!」といった嬉しい発見が私たちにとってやりがいに繋がります。いつも無表情の方が「私にも出来たよ」と笑って下さるだけで、とても嬉しい気持ちになれる、そんな身近に笑顔を感じられるユニットケアだからこそ、様々な事に取り組む事が可能です。里人さんが楽しんで生活して頂ける様な施設だと思います。

苦労話:里人さんの中には、スムーズに介助に応じて頂ける方ばかりではありません。認知症の方でも個人個人対応方法が違います。入ったばかりの頃は、よく分からずに、さらに不穏にさせてしまった事もありました。ですが、時間をかけ、毎日接していると、何が原因であったのでか、少しずつ見えてくる様になりました。私自身のソワソワした気持ちが伝わった事で、不穏になってしまう事もあります。「職員が皆、落ち着いて生活する」それだけでも認知症の方にとっては大切なケアなんだと気付きました。5年半働いてきましたが、今でも「この里人さんにはどう対応すべきなんだろう…」と考える毎日です。1つ1つ乗り越えて行く事で、自分への自信にも繋がっていきます。日々勉強!!頑張っていきたいと思います。

ページTOPへ戻る▲